ATとMT、どちらがいいか

自動車教習所を選ぶ際にまず金額とかをチェックすると思いますが、このときに「AT」と「MT」といった具合に2種類に分かれています。
車にはオートマ車とマニュアル車と2種類あるのですが、これをMTとかATと呼んでいるのです。
クラッチの操作が必要なのはマニュアル車と呼んで、逆にクラッチの操作が必要ないのはオートマ車という分類になります。
金額だけ見ているとちょっとだけオートマのほうが安いし、操作も簡単そうだからオートマでもいいかなって思うかもしれません。
でも、一度、免許を取得することに長い期間、これから色々な車と接していくことになることを考えると、免許を取る際にはマニュアル講習を選択したほうが良いと思われます。
実際にオートマとマニュアルの金額面で見ても1万とか差があっても2、3万といった差しかない場合が多いです。
それに後々、たまたま運転したい車がマニュアル車だったというパターンや、車検とかに車を出して代車を借りるときにマニュアル車しか残っていなかった、他にも地方のレンタカーを利用した時にマニュアル車しか残っていなかったという事例も出てくる可能性があります。
また、これだけではなく、一時的に知人の車を移動させるとか借りるとなった時にたまたまマニュアル車という可能性もあります。
こんなときに、マニュアルの免許を持っている人だと、問題なく動かせますが、オートマの免許の人はどうしても無理という事になってしまうのです。
マニュアルの場合、クラッチの操作やギアチェンジの時にガクってなってしまうといった問題もちょっとあるかもしれませんが慣れてくると大丈夫になってきます。
この部分で「オートマにすればよかった」とあきらめてはいけません。
なので同じ、免許を取るようであれば、時間や金額が若干違いがあるだけですから長い目も考えてマニュアルを運転できるように勉強してみましょう。
きっと後々になって幅広く車を運転することが出来るようになります。