初日から集中して取った合宿免許

18歳の頃に教習所へ通っていましたが、辞めてしまいました。
MT車が苦手だったことと、急遽他の地域へ引越しすることになったので、
教習所通いを辞め、残りの費用が返ってきました。
そして時が経ち、就職にも身分証明にも免許を持っていると有利だと思い、
また教習所へ行こうと思ったのです。
どの教習所にしようか迷っている時、ある人から合宿免許が良いと言われました。
合宿免許なら集中して教わるから早く免許を取るのに良いこと、
それに通いよりも費用が安くなることがあり、
ある人の言うように合宿免許にしたのでした。
入校日当日、必要な書類や生活用具を携え、指定された場所へ電車で向かいました。
適性検査、ガイダンスを受け、後はその日は終わりかと思っていましたが、
初日から講義がスタートしています。
短期間なのでやはりスケジュールはびっしりやらないといけないと思いました。
そして2日目には実技があります。
教習所通いに少し運転したことがあったので、なんとなく手順は覚えていたものの、
不慣れなものでシートの調整をしなかったりと慌てる自分がいました。
ちなみにMTではなくATで教わることにしているので、
クラッチがなく、その点ではやりやすいと感じたものです。
テレビゲームでレースを楽しんでいるのとは違って、
実際にハンドルを握るのは緊張しました。
直角の狭いカーブがあるクランクで脱輪が多かったものの、
最終的には無事卒業までいくことができ、長いようで短かった気がします。
これが通いだったらもう少し長くかかっていたことでしょう。
私の場合、運転のことが精一杯であまり景色を楽しめなかった感じでしたが、
なにはともあれ免許を取れて良かったです。